高知の不動産|株式会社アットホーム四国 > 株式会社 アットホーム四国 本店のスタッフブログ一覧 > リースバックとはどのようなものかポイントを分かりやすく解説

リースバックとはどのようなものかポイントを分かりやすく解説

≪ 前へ|不動産の一戸建て投資とは?知っておきたいメリットとデメリットも解説   記事一覧   築30年の家をスムーズに売却するために知っておきたいことを解説|次へ ≫

リースバックとはどのようなものかポイントを分かりやすく解説

リースバックとはどのようなものかポイントを分かりやすく解説

所有している家の住宅ローンが何らかの理由で返済できなくなった場合、いくつかの対処法がありそのひとつがリースバックです。
こちらの記事では、リースバックとはどのような仕組みなのか、利用する前に知っておきたい点についても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リースバックとは?仕組みについて詳しく解説

リースバックとは、主に住宅ローンの返済ができなくなったときにマイホームを売却し、その後も家賃を払って同じ家に住み続けることが可能な仕組みです。
これまで住んでいた家を売却したあとで、買い取った新しい持ち主と賃貸借契約を結びます。
この方法には、定められた条件を満たせば、一度は売却した家であっても買い戻しが可能な契約内容のものもあり、買い戻し特約と言います。
買い戻し特約が付いていれば、一定の期間において買主が他の人物に家を転売することができません。

リースバックのメリット・デメリットとはどのようなものがあるか

リースバックのメリットには次のものがあります。
まず、住宅ローンの返済ができなくなり家を売却することになっても、家賃を支払うことでそのまま慣れ親しんだマイホームに住み続けることができます。
また、売却した家の新しい持ち主が固定資産税や修繕費を負担するようになるため、維持費がかかりません。
そして家の売却後もそのまま住んでいられるので、引っ越しは不要です。
次に、この方法のデメリットを紹介しましょう。
まずは売却額が下がりやすいことが考えられます。
周辺の相場よりも売却額が低くなりやすく、相場の60~90%ほどになることが一般的です。
さらに家賃が高くなる可能性があります。
毎月支払う家賃が、同レベルの物件よりも高めに設定されるかもしれません。

リースバックとリバースモーゲージとの違いとは?

リースバックと似たものとしてリバースモーゲージがあります。
この方法は先ほどお話したように、家を売ることで資金を得て、その後は家賃を支払って同じ家に住み続けることができるのが特徴です。
対象となる物件は不動産全般で、所有権は買い取った業者になります。
一方、リバースモーゲージとは所有している土地や建物を担保にして融資を受け、契約者が亡くなったら自宅を処分して一括返済をするという仕組みになっています。
リバースモーゲージでは月々の支払いは利息のみとなり、対象物件は土地付き建物のみです。
また、所有権は本人にあるという点も大きな違いのひとつです。

まとめ

リースバックとは住宅ローンの返済が難しい、老後の資金が不足しているなどの理由で自宅を売り、その後も家賃を支払うことで住み続けることができる仕組みのことを言います。
この方法にはメリットとデメリットがあるので、両方をしっかり把握した上で利用を検討するようにしましょう。
高知県の不動産売却のことなら株式会社アットホーム四国お任せください。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の一戸建て投資とは?知っておきたいメリットとデメリットも解説   記事一覧   築30年の家をスムーズに売却するために知っておきたいことを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 アットホーム四国 本店
    • 〒783-0002
    • 高知県南国市駅前町2丁目4番72号
    • TEL/088-864-6267
    • FAX/088-803-4137
    • 高知県知事 (1) 第002960号
      建設業の許可 建築工事業・内装仕上工事業 高知県知事許可(般-3)第9453号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」
  • 仲介会社向けサイト
  • いえらぶBB

トップへ戻る