高知の不動産|株式会社アットホーム四国 > 株式会社 アットホーム四国 本店のスタッフブログ一覧 > 土地の査定方法とは?道路や形状が公的評価に与える影響をご紹介

土地の査定方法とは?道路や形状が公的評価に与える影響をご紹介

≪ 前へ|不動産売却における査定とは?机上査定と訪問査定の違いもご紹介   記事一覧   水路に面した土地を売却する方法とは?デメリットや注意点を紹介|次へ ≫

土地の査定方法とは?道路や形状が公的評価に与える影響をご紹介

土地の査定方法とは?道路や形状が公的評価に与える影響をご紹介

土地の売却を検討するとまず、不動産会社に価格の査定を依頼します。
土地を高く売るためには高い査定額をつける必要があります。
土地の査定額を高くつけるポイントにはどのようなものがあるのか。
土地の査定方法や法規制との関係性も含めてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地の査定方法の公的評価や取引事例比較法とは

不動産会社に査定を依頼する前に自分で査定する方法をご紹介します。
査定方法を知るためには相場や公的評価額を調べることが重要です。
公的評価額には「公示地価(基準地価)」「相続税路線価」「固定資産税評価額」の3つがあり、それぞれの単価に土地の面積をかけることでおおまかな売価が算出できます。
それぞれデータを公表する機関や調査の目的が違うため、それぞれの特徴を理解するようにしましょう。
また、相場を知るためには近隣の成約事例を調べることも有用です。

土地の査定方法における前面道路との関係性とは

前面道路とは、敷地に面する道路のことです。
建築基準法では、建築物の敷地は建築基準法上の道路に2m以上接していること、その道路の幅員は4m以上と定められています。
また、道路の種類や敷地が接する間口の長さによってはその敷地が建築(再建築)不可となる場合もあるため注意が必要です。
こういった建築基準法の問題だけではなく、前面道路との関係性は土地の価格に影響を与えます。

間口と道路幅員
土地は前面道路の幅員が広く、接する間口が広いほど使い勝手が良くなり価格も高くなります。

角地など接面道路との関係
土地の一面だけが道路と接している土地を中間画地と呼びます。
土地が街区の角にあり、直角に二面接している土地のことを角地と呼びます。
角地は中間画地よりも視認性が高く、日当たり・風通しにも優れていることから価値が高いです。

土地の査定方法と土地形状の関係性とは

土地の形状で評価が高いのは、整形地と呼ばれる整った形の土地で、高い価値がつきやすいです。
逆に歪な形状の土地は建築物が制限を受けるため価格は相場よりも低くなります。
歪な形状の土地の例としては、道路に接している通路が細長く、奥にまとまった敷地がある「旗竿地」があります。
歪な形状の土地であっても形状に合わせた個性的な建築物を建てるといった方法も考えられるため、必ずしも不利になるとは限りません。

まとめ

土地の査定方法についてお話をしました。
土地はさまざまな要因が複雑に絡み合って売却価格が決定されます。
自分である程度の相場を調べ査定額の概算を見積もることは可能ですが、確実ではありません。
土地の売却を考える際には、プロである不動産会社へ査定を依頼をし、適切な価格を知るようにしましょう。
高知県の不動産売却のことなら株式会社アットホーム四国お任せください。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却における査定とは?机上査定と訪問査定の違いもご紹介   記事一覧   水路に面した土地を売却する方法とは?デメリットや注意点を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 アットホーム四国 本店
    • 〒783-0002
    • 高知県南国市駅前町2丁目4番72号
    • TEL/088-864-6267
    • FAX/088-803-4137
    • 高知県知事 (1) 第002960号
      建設業の許可 建築工事業・内装仕上工事業 高知県知事許可(般-3)第9453号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」
  • 仲介会社向けサイト
  • いえらぶBB

トップへ戻る