高知の不動産|株式会社アットホーム四国 > 株式会社 アットホーム四国 本店のスタッフブログ一覧 > 不動産投資の法人化とは?その方法とメリット・デメリットについてご紹介!

不動産投資の法人化とは?その方法とメリット・デメリットについてご紹介!

≪ 前へ|土地売却による税金控除の方法とは?特例の種類や注意点についてご紹介!   記事一覧   不動産売却における査定とは?机上査定と訪問査定の違いもご紹介|次へ ≫

不動産投資の法人化とは?その方法とメリット・デメリットについてご紹介!

不動産投資の法人化とは?その方法とメリット・デメリットについてご紹介!

不動産投資をしていて利益が増えてきた方にとっては、次のステップに進むために法人化を考えている方も多いかもしれません。
しかし、法人化するタイミングや方法について知らない方もいらっしゃると思います。
今回は、不動産投資の法人化についてその方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資を法人化する方法とは?

不動産投資を法人化するためにはさまざまな手順をこなす必要がありますが、最初に考えるべきなのは、まず社名を決めることです。
会社名が決まったあとは法人化したときのために、会社の取引で必要になる実印と銀行印の2つを用意しましょう。
社名と印鑑の用意ができたら登記申請書や発行して3か月以内の会社実印の印鑑証明書などの書類を用意する必要があります。
すべての書類の用意し法務局に提出することで法人化をおこなえます。

不動産投資をしている方が法人化するメリットとは?

法人化した場合でも利益に応じて税率は増えていきますが、個人事業のように細かく設定されておらず、しかも税率そのものが低いため節税のメリットがあります。
個人事業では所得税や住民税の税率が最大で55%台となっているのに対して、法人の場合の税率は20%〜30%台であり、かなり節税の効果があるでしょう。
また個人事業にくらべて経費として計上できる範囲が広がることも、節税効果につながっているのです。
また、住宅ローンや不動産購入などについては、個人にくらべて法人だと審査がとおりやすく融資が受けやすいメリットもあるでしょう。

不動産投資を法人化するデメリットとは?

個人事業主として開業する場合、開業届けなどの必要書類や手続きなども分かりやすく、簡単に開業ができます。
法人化するためには個人の手続きにくらべて、用意する書類の数も多くなるのが特徴です。
その煩雑な手続きから、なかなか法人化に踏み切れない方も多いかもしれません。
法人化する場合は確定申告をより正確におこなう必要があるため、税理士へ依頼することが多く見られますが、年間で数十万円の依頼費用がかかるデメリットがあるため注意しましょう。

まとめ

不動産投資の法人化は、必要書類を揃え提出する手間はあるものの、税金面で節税できるメリットがあります。
また、税理士に確定申告の依頼するとなると、そのための費用も発生してしまいます。
不動産投資の法人化は、そのメリットとデメリットをきちんと把握・比較して判断することをおすすめします。
高知県の不動産売却のことなら株式会社アットホーム四国お任せください。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地売却による税金控除の方法とは?特例の種類や注意点についてご紹介!   記事一覧   不動産売却における査定とは?机上査定と訪問査定の違いもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 アットホーム四国 本店
    • 〒783-0002
    • 高知県南国市駅前町2丁目4番72号
    • TEL/088-864-6267
    • FAX/088-803-4137
    • 高知県知事 (1) 第002960号
      建設業の許可 建築工事業・内装仕上工事業 高知県知事許可(般-3)第9453号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」
  • 仲介会社向けサイト
  • いえらぶBB

トップへ戻る