高知の不動産|株式会社アットホーム四国 > 株式会社 アットホーム四国 本店のスタッフブログ一覧 > 中古住宅をフルリノベーションした方が良い?メリットや費用についてご紹介

中古住宅をフルリノベーションした方が良い?メリットや費用についてご紹介

≪ 前へ|大規模マンションで人気の共用施設についてご紹介   記事一覧   事務所などを賃貸契約する際の定期建物賃貸借契約とは?|次へ ≫

中古住宅をフルリノベーションした方が良い?メリットや費用についてご紹介

中古住宅をフルリノベーションした方が良い?メリットや費用についてご紹介

これからマイホームを購入しようと考えている方のなかには新築ではなく、中古住宅を購入してフルリノベーションを検討している方もいるでしょう。
フルリノベーションとはリフォームとどんな違いがあるのかご存じでしょうか?
今回は、中古住宅をフルリノベーションするメリットや、リフォームとの違いについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

フルリノベーションとは?

リフォームは築年数が古い住宅などを新築状態に戻す内容に対して、フルリノベーションは建物の価値や性能を向上しながら新しくする意味合いがあります。
そのため、住宅を骨組みのみのスケルトンの状態まで解体して、間取りなども最初から作り直すため大掛かりな工事になる場合が多いです。
リフォームは劣化している設備を新しいものへ付け替えたり、破損している箇所を綺麗に修繕をおこなうことが多いです。
フルリノベーションは生活に合わせて暮らしやすく、理想に合わせた工事になるため、リフォームに比べて工事期間も長くなる場合があることに注意しましょう。

中古住宅をフルリノベーションするメリット

フルリノベーションをおこなう最大のメリットは、間取りや設備などを自由度高く選べることです。
住宅全体を好みのスタイルにするために素材選びや色も自由に決められるため、生活の変化に合わせてフルリノベーションをする方も多くいます。
他に、固定資産税が上がる心配がないこともメリットです。
固定資産税は、住宅の築年数などから評価額を元に計算されますが、フルリノベーションをおこなっても築年数は継続のままです。
たとえば災害の被害に合わないように耐震補強もできるため、選択肢が多く近年人気を集めています。

中古住宅をフルリノベーションする費用相場とは?

フルリノベーションをするときの費用は、内容によって金額が大きく変わることが多いため注意が必要です。
大まかな費用の目安としてはマンションの場合は250万円程度から、一戸建てだと400万円程度かかると思って良いでしょう。

しかし、どうしても内容によって金額が高額になるケースがあり、素材や間取りなどにこだわると1000万円以上のフルリノベーション代金が発生する場合もあります。
スケルトン状態にして一から工事する場合は中古住宅でも、基本的に高額な費用が発生するため料金を比較して検討しましょう。

まとめ

中古住宅を購入してフルリノベーションをするには、一戸建てとマンションで費用が変わることを理解しておきましょう。
新築物件を購入するより全体的に費用が安くなるメリットもあると思いますが、素材や間取りにこだわりが多いと費用は1,000万円を越える場合もあるため注意してください。
中古住宅を購入してフルリノベーションを検討している方は是非参考にしてみてください。
高知県の不動産売却のことなら株式会社アットホーム四国お任せください。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|大規模マンションで人気の共用施設についてご紹介   記事一覧   事務所などを賃貸契約する際の定期建物賃貸借契約とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 アットホーム四国 本店
    • 〒783-0002
    • 高知県南国市駅前町2丁目4番72号
    • TEL/088-864-6267
    • FAX/088-803-4137
    • 高知県知事 (1) 第002960号
      建設業の許可 建築工事業・内装仕上工事業 高知県知事許可(般-3)第9453号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」
  • 仲介会社向けサイト
  • いえらぶBB

トップへ戻る